同じ箱を用意しよう

整理するために箱を買おう

100円ショップに行くと、綺麗な箱が何種類か販売されています。
手頃な大きさの箱を購入して、自宅を整理するのに使ってください。
同じ大きさや、色の箱があれば見た目がスッキリするのでおすすめです。
異なる箱を使っていると、次第に気になるでしょう。
1つ100円なので 、大きな出費にもなりません。

棚に箱を置く際は、どのくらいの大きさの箱が良いのか計測してください。
箱が大きすぎると、置けなくなります。
また、小物の数も考慮して決めると良いですね。
100円ショップで販売されている箱は、大きいものから小さいものまで様々です。
ですから、希望するサイズの箱がきっと見つかると思います。
気に入ったデザインの箱を買うと、片づけが楽しくなります。

子供にも覚えさせよう

家族みんなで片づけをするので、子供にも協力してもらいましょう。
ですが、子供はまだどこに何を収納すれば良いのか覚えられないかもしれません。
簡単に覚えるために、シールを活用するのが良い方法です。
ウサギのシールを貼っている箱には、文房具を収納するというように教えれば、楽しく片づけができるでしょう。

子供が覚えたら、シールを剥がしても大丈夫です。
最終的に剥がすので、何度も貼り直しができるシールを使うと良いですね。
小さな子供に片づけを覚えさせるためには、大人が積極的に片づけることが重要です。
子供は大人のマネをするので、大人が真面目に片づけていない場合は、子供もきちんと片づけることができません。
自分から、片づける意識を持ちましょう。