使用する頻度を考えよう

よく使うものを手前に出す

使うものが奥にあると、使うたびに何かを動かしてからとらなくてはいけなくなり億劫になります。
次第に、元の場所に戻すということができなくなるでしょう。
そのような状態を回避するために、使用頻度を考えて収納してください。
ほとんど毎日使うものは、最初から手前に出しておくのが良い方法です。

すると使いたい時にすぐ取り出せるので余計な時間を使うこともありません。
ジャンル分けしたぐらいで、満足しないでください。
さらに箱の中身を整理することで、使いやすくなります。
家族にも意見を聞いて、どこに置くか決めましょう。
自分は使わないものでも、誰かは使っている可能性もあります。
みんながあまり使わないと判断したものは、奥に収納しても大丈夫です。

いらないものは処分した方が良い

どれを手前に持って行くか整理する時に、必要ないものがないかチェックしてください。
誰も使わないものをいつまでも保管していたって、邪魔になってしまうだけです。
物がありすぎると整理するのが大変なので、減らしてください。
本当に必要なものだけ、残しておきましょう。
これまでに1回も使わなかったものは、処分しても大丈夫です。

こちらも場所を決める時と同じで、家族に捨てても良いか了承を得てから処分しましょう。
捨てて良いのかわからないものがあれば、保留にしておきましょう。
ものを処分すれば、箱の中身がスッキリします。
するとどこに何があるのかすぐにわかるので、探しやすいでしょう。
もちろん、ものを失くすこともありません。