それぞれの場所を決めておこう

分けて収納するのがおすすめ

これまでは1つの箱に、全ての小物を一緒に入れていたでしょう。
ですがその方法は、効率が悪いです。
どこに何があるのかわからないので、探す時間が掛かってしまいます。
箱をもっと用意して、それぞれジャンル分けをしてください。
1つの箱に1ジャンルの小物を入れていれば、使いたい時にすぐ探せると思います。
ハサミやペンは、文房具に該当します。

絆創膏や綿棒は、医療品の箱の中に胃淹れておきましょう。
ジャンル分けをしたら、家族にもそれを伝えてください。
ずっと綺麗な状態で収納するためには、家族にも頼むことが重要です。
その家で暮らす人みんなで、綺麗を維持して行くと思ってください。
誰か1人でも適当に収納する人がいると、すぐ汚くなります。

失くさないようにする

元の場所に戻さないと、ものを失くしてしまいます。
ハサミやペンは、安い価格で販売されているものです。
ですが頻繁に失くして、何度も購入していると無駄な出費になります。
もう買わなくても良いように、使ったらすぐ元の場所に片づけることを意識しましょう。
すぐに片づけるという部分が重要です。

後で片づけようと思っていると、そのまま忘れてしまいます。
そして、次回使いたい時にどこに行ったのかわからなくなるでしょう。
そのような習慣が身に付いていると、仕事で使う大事な書類なども失くしてしまいます。
すると自分だけでなく、会社全体が困ります。
自分の評価も下がるので、失くさない心構えが大事です。
すぐに片づけることを習慣化させましょう。