それぞれの場所を決めておこう

ここは衣料品、こっちは仕事で使うものというようにジャンルを分けて収納するのが良い方法です。 1度決めたら、絶対に変えないでください。 コロコロと収納場所を変えていると、混乱してしまいます。 使ったら元の場所鬼戻すことを徹底すれば、ものを失くす心配はないでしょう。

使用する頻度を考えよう

もっと綺麗に使いやす収納を目指すなら、箱の中の整理してください。 よく使うものは手前にあると、取り出しやすいので便利です。 使用頻度を考える時は、家族にも意見を聞きましょう。 また、多過ぎると箱に入りきらなくなります。 本当に必要なもの以外は、処分してください。

同じ箱を用意しよう

ジャンル分けをしても、それぞれ大きさも色も異なる箱だったら見栄えが悪くなります。 綺麗に見せるためには、同じ種類の箱を用意してください。 するとスッキリして見えます。 100円ショップに行くと、複数の箱を購入できます。 自宅に同じ箱がなかったら、買いに行きましょう、

ジャンルごとに収納する

文房具や医療品、子供が使うものや貴重品などたくさんのジャンルがあると思います。
適当に収納していると、どこに何があるのかわからなくなってしまいます。
ジャンル分けをすると、物のありかがすぐにわかります。
場所を決めたら、移動させないでください。
使ったらすぐしまうことを徹底していれば、失くす心配もありません。
爪切りやハサミは、使用する頻度が高いですが失くしやすいものです。
毎回適当な場所にしまっていることが原因で、失くなってしまいます。

ジャンルの中でも、よく使用するものとあまり使用しないものに分けましょう。
あまり使わないものは、奥にしまってください。
すると必然的に、頻繁に使用するもの手前に出てきます。
使いたい時にすぐ取り出せるので、余計な時間を使いません。
箱の中を整理していると、入らないものが出てくるかもしれません。
それは処分した方が良いです。
ずっと残していても邪魔になるだけなので、小物の整理をしましょう。

綺麗に収納するためには、同じ大きさや色の箱を用意するのが良い方法です。
それなら見た目もスッキリするので、積極的に片づけられるようになります。
棚に箱を入れる際は、どのくらいのサイズが良いのか事前に計測しましょう。
それから、100円ショップなどに階に入ってください。
複数の箱が必要でも、1つ100円なのでそれほど経済的な負担にはなりません。
子供もお片付けを覚えられるように、最初は箱にシールを貼るのがおすすめです。